本町における公共施設等の整備、おもに1970 年代以降、行政需要や町民のニーズに応えるかたちで学校、スポーツ施設、公営住宅などの施設および道路や橋梁といったインフラなど多岐にわたり整備を進めてきました。

 今後、これらの施設が一斉に大規模改修や建替えが必要な時期を迎え、その際には多額の費用が見込まれます。

 一方、本町では少子高齢化、人口減少が進み、それに伴う社会保障費の増大、税収減などにより、厳しい財政状況が続くことが予想されます。

 このような状況の中、これまで整備してきた公共施設等をどのように維持管理し、財政負担を軽減・平準化していくかが、課題となってまいります。

 このような状況を踏まえ、本町の公共施設等を全庁的に把握し、長期的なまちづくりの視点から、効率的かつ効果的な公共施設等のマネジメントに取り組むため、本計画を策定しました。

大多喜町公共施設等総合管理計画 [2266KB pdfファイル]