水道管の凍結に注意してください

 気温が氷点下になると、水道管内の水が凍結して、水が出なくなったり、水道管が破裂して漏水する場合があります。

 以下の場合は、特に注意が必要です。
・ 最低気温が-4℃以下になるとき
・ おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき
・ 建物の外壁際などに露出している水道管
・ 北向きの日陰や風あたりが強いところの水道管

 

水道管の凍結防止対策

 凍結を防止するためには、以下の対策が有効です。 

 ・ 水道管に保温材を巻き付け、直接外気に触れないようにする。
・ 捨て水を行う(蛇口から糸を引く程度の水を流しっぱなしにする)。
・ 水道管内の水を排水できる場合は、あらかじめ排水しておく。

 

水道管が凍結した場合

 凍結して水が出なくなった場合は、自然に溶けるまで待つか、凍結したところにタオルなどを巻き付けて、その上からぬるま湯をゆっくりとかけてください。なお、熱湯をかけると、水道管が破裂するおそれがあります。

 

水道管が破裂した場合

 メータボックス内のバルブを閉めて、水を止めてください。その後、大多喜町指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

   大多喜町指定水道工事店一覧表 R05.10.23更新.pdf [277KB pdfファイル]