住民基本台帳 

住民一人ひとりの住所・氏名・生年月日などを記載した住民票により、住民基本台帳が作成されます。住民登録の届出(転入届)を忘れると、国民健康保険、 国民年金、介護保険、児童手当の支給、選挙人名簿の登録、義務教育の就学、印鑑登録などの各種サービスが受けられない場合があります。

転入・転出届

届出の種類 いつまでに だれが 届出に必要なもの
転入届
町内に引っ越してきたとき
引っ越してきた日から14日以内 届出義務者は本人(世帯主は世帯員に代わって届出で得することができます)
  • 転出証明書(前住所地で交付を受けてください)
  • 印鑑(届出人本人の場合不要)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)
  • 在学証明書(小、中学生)
転出届
町外に引っ越しするとき
引っ越しする前
  • 印鑑(届出人本人の場合不要)
  • 印鑑登録証(登録者のみ)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 老人医療受給者証(該当者のみ)

転居届

町内で引っ越したとき

引っ越しした日から14日以内
世帯変更届
(世帯主が変わったり、世帯を合併したとき)
変更のあった日から14日以内
  • 印鑑(届出人本人の場合不要)
  • 国民健康保険証(加入者のみ