町内畜産たい肥をご活用ください

町内畜産農家で生産される堆肥の多くは、町外の農産物生産農家に活用されているのが現状です。

また、家畜ふん堆肥の品質は一般にばらつきが大きく、その原因として雑草の発生が問題になる場合があること、肥培管理の調節が難しく、生育過多・品質不良につながる場合があること、散布作業に要する労力が大きいことなどが考えられます。

しかし、良質な堆肥を適切に利用すれば、土壌の化学性・物理性・生物性改善が期待でき、他の方法に比べて総合的な土づくりが可能です。 畜産農家では堆肥の良質化に取り組んでおりますので、安心・安全な農産物生産の土づくりに是非ご活用ください。

町内畜産たい肥マップ[1497KB pdfファイル]

たい肥生産(農家)情報 [40KB xlsファイル]