大多喜町では、野生イノシシ肉出荷制限一部解除を受け、販売を目的としたイノシシ肉について、県の「出荷・検査方針」に基づく放射性物質の全頭検査を実施しています。

 今回の検査結果は以下のとおり、放射性セシウムスクリーニング法に基づくスクリーニングレベル 50ベクレル/kg以下となっております。

個体番号 捕獲場所 捕獲日 検査日 検査法 Cs134 Cs137 合計(注)
大た25-68    大多喜町内 H26.3.22 H26.3.25 NaI 検出下限値以下 検出下限値以下 検出下限値以下
大た25-69 大多喜町内 H26.3.23 H26.3.25 NaI 検出下限値以下 検出下限値以下 検出下限値以下

分析結果(単位:ベクレル/kg)

 検査機関:大多喜町

(注) 放射性セシウムの合計は、セシウム134とセシウム137を合算して小数点以下を四捨五入したもの。

   「検出下限値以下」とは、定量下限値または測定限界値未満(<15Bq/kg)であることを示す。 

   ベクレル:放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表す。

   個体番号の頭文字は「大:大多喜町」「市:市原市」で捕獲されたイノシシを示す。