現在、県内の成人の間で風しんが流行しており、夷隅管内においても発生しています。

 風しんは、免疫のない女性が妊娠中に感染すると、胎児に、難聴、心疾患、白内障を主症状とする「先天性風しん症候群」という病気を起こすことがあります。

 このことから、町では先天性風しん症候群の発生を予防するための対策として、下記の方を対象に、風しんワクチン又は麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種費用の一部を助成しています。

1 対象者

 大多喜町の住民台帳に記録されている20歳から50歳未満の方で、次に該当する方

・妊娠を予定、又は希望している女性

・妊娠している女性の夫

 ※ 妊娠中の女性は、接種できません。また、女性が接種する場合には、妊娠していない時期にワクチン接種を行い、その後2か月間の避妊が必要です。

2 助成対象の予防接種

・風しんワクチン予防接種

・麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)予防接種

3 助成額

 接種費用の半額、ただし風しんワクチンは3,000円、MRワクチンは5,000円を上限とします。(生活保護世帯の方は全額)

4 申請方法

 医療機関で接種した後、健康福祉課で申請してください。

・必要書類

 予防接種済み証又は診療明細書、予防接種費領収書(原本)、申請者本人の金融機関の口座番号が分かるもの(通帳等)、印鑑(朱肉を使用するもの)、本人以外が申請する場合は委任状

 

 申請書ダウンロード➡➡20180907-165105.rtf [128KB rtfファイル] 

 

 関連リンク

【千葉県風しん抗体検査】

 県が委託した医療機関(病院及び診療所)において、風しん抗体検査を無料で受けることができます。

https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/fuushinkoutaikensa.html