町の歯の健康に関する状況として、町が平成30年度策定した健康まちづくりプランのアンケートの結果、小中学生ともほぼすべての子どもが1日1回は丁寧に歯みがきをしていること、保育園保護者が1日1回は丁寧に仕上げみがきをしていることから、子どもの頃の口腔ケアはしっかり行えていることがうかがえました。しかし、一般町民調査をみると、現在の歯の保有数が20本以下となっているのは、60歳代で約4割、70歳代以上で約5割と、60歳以上で健康な歯を維持することが難しくなっています。

 11月8日は「いい歯の日」です。生涯を通じて健やかで豊かな生活を過ごすためには、歯の健康づくりが重要です。町では歯の健康づくりの支援として妊婦歯科健診2歳児歯科健診及びフッ化物塗布事業歯周病検診などを行っています。各リンク先をご覧いただき、対象の方はぜひ歯科健診を受診してください。「いい歯の日」をきっかけに、みんなで歯の健康づくりに取り組んでみましょう。

 

お問い合わせ

健康福祉課 保険予防係 電話番号  82-2168(内線263)