不妊治療費の助成について

 大多喜町では、不妊治療を行う夫婦の経済的負担を軽減し、少子化対策を図ることを目的として、平成28年4月から不妊治療費(特定不妊治療・一般不妊治療費)の助成を開始しました。 

特定不妊治療

対象者

(1)平成28年4月1日以降に千葉県特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けた方

(2)法律上の夫婦で、両者または一方が申請日の1年以上前から大多喜町に住所があり、今後とも定住の

  意思がある方

※大多喜町に1年以上住所を有していない場合は、千葉県内に1年以上前から引き続き住所を有していれ

  ば対象となります。

対象治療  体外受精、顕微授精、精子を精巣または精巣上体から採取するための手術
助成回数

(1)初回39歳以下の方は通算6回

(2)初回40歳から42歳の方は通算3回

※年間助成回数および通算助成期間の制限はありません。

助成金額

(1)治療に要した費用から県助成額を除いた自己負担額の1/2以内で、別表各区分の額を限度

(2)男性不妊治療は、上記助成方法で10万円を限度(別表Cは対象外)

申請期間

原則的に治療が終了した月の属する年度内に申請(4/1から翌年3/31まで)

※3月治療分で年度内に申請が困難な場合はご連絡ください。

申請方法

大多喜町役場健康福祉課窓口にて申請

【申請手続きに必要なもの】

(1)大多喜町特定不妊治療費助成金交付申請書

(2)千葉県特定不妊治療費助成承認決定通知書の写し

(3)医療機関発行の領収証および診療報酬明細書

(4)印鑑

(5)申請者名義の金融機関通帳

(6)その他審査に必要と認める書類

(別表)

区         分 助成限度額
A 新鮮胚移植を実施 10万円
B 排卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施 10万円
C 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施 5万円
D 体調不良等により移植のめどが立たず治療終了 10万円
E 受精できず、または胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等により中止 10万円
F 排卵した卵が得られない、または状態の良い卵が得られないため中止 5万円

 

 

一般不妊治療

対象者

(1)法律上の夫婦で、治療を開始した日の1年以上前から千葉県内に住所を有し、治療日(平成28年4月1

  日以降)において両者または一方が大多喜町に住所があり、今後とも定住の意思がある方

(2)夫婦の前年所得の合算額が730万円未満の方

(3)医療保険に加入している方

対象治療

 タイミング療法、薬物療法、手術法、人工授精等

※治療の一環として行われる検査費用を含む

助成回数

(1)タイミング療法、薬物療法、手術法等(保険診療)は連続2年間

(2)人工授精等(保険適用外)は連続5年間

助成金額 1組の夫婦に対して自己負担額の1/2以内で、1年度当たり5万円を限度
申請期間 治療を受けた日の属する月の翌月初日から起算して2年以内
申請方法

大多喜町役場健康福祉課窓口にて申請

【申請手続きに必要なもの】

(1)大多喜町一般不妊治療費助成金交付申請書

(2)大多喜町一般不妊治療医療機関受診等証明書(医療機関等で記入)

(3)児童手当法施行令による控除が確認できる所得証明書

(4)戸籍上の夫婦であることを証明する書類(6か月以内の戸籍抄本)

(5)住民票等住所を確認できる書類

(6)印鑑

(7)申請者名義の金融機関通帳

(8)その他審査に必要と認める書類

※ご質問、ご不明なことなどがありましたら、健康福祉課 保健予防係までご連絡をお願いします。