空き家バンクとは、町役場が「町内の空き家と、町内に住みたい方を繋ぐ」役割をするものです。

町は寄せられた空き家情報を提供しますが、売買等の交渉・契約行為には関与しません。

空き家を借りたい、買いたいという方がいらっしゃいましたら空き家バンクをご利用下さい。

また、町内に空き家をお持ちの方で、貸すことが出来る、売ることが出来るという方がいらっしゃいましたら是非空き家バンクにご登録をお願いいたします

空き家バンクに登録されますと、貸主の方及び購入される方は登録空き家の改修費の助成も受けることが出来ます。

詳細については当ページ後半をご覧ください。

空き家バンク制度の流れ

1 登録申込(所有者及び利用者双方)

2 現地調査(空き家物件の調査)

3 空き家登録台帳の作成

4 情報提供(利用者へ)

5 現地見学(利用者)

6 希望ありは所有者へ利用者情報の提供(7)へ

 希望なし⇒(4)へ

7 利用者へ所有者情報の提供

※町は登録された物件の情報を提供するのみであり物件の調査を実施していないため、取引は自己責任となります。

※掲載物件に係る瑕疵等について、町は一切責任を負いません。

現在の空き家バンク登録物件

お問合せはこちらからお願いします。

H30.7.6   No.48石神   売却価格を、値下げしました。

H30.7.20   No.53上原   ご成約により、ご紹介を終了しました。 

H30.8.31   No.59中野  ご成約により、ご紹介を終了しました。

H30.10.16   No.23久保  ご成約により、ご紹介を終了しました。

H30.10.23   No.25小田代 【新着】賃借人の転居により、物件を再掲しました。 

H30.10.31  No.62弓木  契約交渉中につき、 ご紹介を中断しています。

 

  売却物件】 No.2 物件詳細.pdf 大多喜町中野 700万円

 売却物件】 No.25 物件詳細.pdf  ☆新着☆ 大多喜町小田代 650万円(賃貸については要相談)

 売却物件】 No.40 物件詳細.pdf   大多喜町泉水 300万円

 売却物件】 No.48 物件詳細.pdf] 大多喜町石神 1,180万円(H30.7.6価格値下げ)

 売却物件】 No.57 物件詳細.pdf  大多喜町面白(宇野辺)450万円

 売却物件】 No.58 物件詳細.pdf 大多喜町田代880万円

  

過去の成約物件を一部ご紹介します。

 今まで61件の登録があり、49件の成約をいただいております。(登録取下げ5件)

賃貸

 

賃貸

 

賃貸

賃貸 

 

賃貸 

 

売却

 

売却

 

売却

売却

 

売却

売却

 

売却

 

 

空き家を貸したい、売りたいという個人の方は所有物件を登録することができます。

お持ちの空き家物件を登録される方は以下の登録申込書に必要事項を記入のうえ企画課までご提出下さい。

第1号様式登録申込書 [47KB docファイル](申込書内の間取図については、既存の平面図面等で代用することも可能です) 

 

空き家を探している個人の方は、随時登録された物件を見学できます。

物件の内見をご希望の方は日程調整をさせていただきますので、メールやお電話でご連絡ください。

メール ⇒ お問合せはこちらからお願いします。

※登録物件の現地確認や内見は、事前にご連絡いただき日程調整が必要です。

※ご見学の段階では、以下の登録申込を提出する必要はございません。

 

また、物件の購入をお考えの方は以下の空き家利用希望登録申込書により登録をしていただくと、購入後にリフォームをした場合空き家利用促進奨励金を受ける事ができます。(要件あり)

第3号様式利用希望者登録申込書 [38KB docファイル] 

 

空き家利用促進奨励金

交付対象者

居住用途のために空き家改修工事を行う方で町内施工業者により空き家改修工事を行う方で、次の要件を全て満たす方

  • 空き家バンクに登録をした所有者で5年以上貸し出しが出来る方で、かつ空き家バンクに登録した利用者に貸し出す方または、空き家バンクに登録をした購入希望者で3年以上居住出来る方
  • 申請時に申請者及び同居者に町税等の滞納がないこと
  • 当該年度内に工事が完了すること

対象工事

奨励金の対象となる空き家改修工事は、家屋の改修にかかる工事金額(消費税及び地方消費税を除く。)が100万円以上の改修工事が対象となります。併用住宅の改修工事については、個人住宅部分を補助対象とし、共用部分については床面積の割合で按分し、補助対象金額を算出します。

  • 住宅リフォーム奨励金との併用は出来ません
  • 同一物件について1回限りとし、同一申請者についても1回限りとします
  • 合併浄化槽設置に係る費用はこの奨励金の対象となりません

合併浄化槽への転換補助については別途補助制度がございますので詳しくはこちらをご覧ください。

合併処理浄化槽設置助成(担当:環境水道課)

奨励金の額

空き家改修工事に要した工事金額の1/3以内の額とし、100万円を限度とします。

※工事前に申請が必要となります。 

奨励金に関する書類は以下より取得できます。

【制度の概要及び手続きの流れ】

補助金概要及び手続きの流れ [102KB pdfファイル] 【「交付申請書」工事着工前に提出】

(1)1号様式・交付申請書(空き家利用促進奨励金) [21KB docxファイル]

(2)‐1交付申請書別紙 [17KB docxファイル]

(2)-2【町税等】同意書(空き家利用促進奨励金).docx [15KB docxファイル] 

【「実績報告書」工事完了後に提出】

(3)空き家利用促進奨励金実績報告書 [22KB docxファイル]

(4)実績報告書別紙 [16KB docxファイル]

(5)9号様式・交付請求書 [22KB docファイル]

上記奨励金の要件に合致しない場合でも、以下の補助金等を受けれる場合がございます。

改修工事の工事価格が100万円未満の場合

住宅リフォーム奨励金(担当:建設課)

既存の単独浄化槽、汲取り便槽から合併浄化槽へ転換する場合(賃貸物件の場合は、借主が行う工事が対象)

合併処理浄化槽設置助成(担当:環境水道課) 

 

空き家の家財道具等の撤去に係る費用の一部を補助します

町では、空き家の有効活用を図るため、空き家に残存する家財道具等の撤去費用の一部を補助します。
「空き家はあるけど、家具や荷物が残っていて住める状態ではない」という方は、ご相談ください。
概要は以下のとおりです。

補助金の概要

 1 対象物件 空き家バンクに登録された賃貸又は売却物件
 2 対 者 空き家バンクに登録された物件の所有者又は空き家物件利用者
 3 対象経費 空き家内に残存する家財道具等(敷地内の草木の撤去含む)の撤去に要する費用
 4 補 額 対象経費の2分の1(上限20万円)
 5 そ 他 家財道具等の撤去を着手する前に申請が必要となります。
      

  補助金交付要綱全文、補助金交付申請書等の各種書類は以下から取得できます。

  空き家家財道具等撤去補助金.pdf [112KB pdfファイル] 

  交付申請書.docx [16KB docxファイル] 

  交付申請・実績報告時に添付する書類一覧.docx [14KB docxファイル] 

  町税等確認同意書.docx [15KB docxファイル]  

  (別記様式)承諾書.doc [43KB docファイル] 

  実績報告書.docx [16KB docxファイル] 

  交付請求書.doc [33KB docファイル]