大多喜町がモチーフの小説が映画化されました。
撮影はもちろん大多喜町です。
ぜひご覧ください。 
 

ロケ地の「角屋商店」が公開されます

大多喜町のロケ地についてはこちら


有村架純さん主演 映画「夏美のホタル」~6月11日公開~

原作の小説『夏美のホタル』は、作者の森沢明夫さんが大多喜町筒森地区のかど屋商店(作中 たけ屋)を中心に体験したことを基に執筆されました。

小説の映画化が決まり、2015年夏にはそうそうたる役者の方々が大多喜町はじめ千葉県内を中心に撮影。映画の中には見慣れた風景や人が多くあります。

映画ストーリー

写真家になる将来の夢と、恋人の慎吾との関係に悩んでいた夏美は父の形見のバイクで思い出の森へ向かう。そこで小さな商店を営んでいる、通称 地蔵さんとヤスばあさん親子に出会い、居候することに。地蔵さんの友人、雲月の不遜な態度を腹立たしく思いながらも、あとを追ってやってきた慎吾も加わり、“たけ屋”での穏やかな生活を楽しんでいた。しかし、ある日、地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱え、長い間苦しんでいることを知る。 

監督

・廣木隆一さん

出演者

・有村架純さん

・工藤阿須加さん

・小林薫さん

・光石研さん

・吉行和子さん  ほか

 

公式ホームページ