協定締結の趣旨

 大多喜町は、品川区と「品川区と大多喜町との災害時における相互援助に関する協定」の締結に合意し、令和元年12月9日(金)品川区役所で協定締結式を行いました。

 この協定は、大規模災害が発生した際の応急物資の提供、職員派遣の体制構築や被災者の受け入れなどについて、両自治体において相互の応援体制強化を図ることを目的としています。

 大多喜町と品川区は、平成24年に東急目黒線武蔵小山駅を中心に行われた「ムサコフェス」が縁となって交流がスタートし、「災害時はお互いに協力する体制を構築したい」との思いから、今回の協定の締結に至りました。 

協定締結式の様子

 協定書を手に持った飯島町長と濱野区長