総元地区地域ぐるみ福祉協議会では、月1回手作りのお弁当を、対象地区の高齢者に手渡しする活動が行われています。新型コロナウイルスが急拡大した今年の2月と3月はお休みしましたが、その他の期間は、感染症対策を講じた上で、手作りのお弁当を届け続けています。

 本協議会長である滝口延康さんからは「人と人との交流が減ってしまった今だからこそ、心のふれあいが重要になる。感染対策を講じた上で、(できることをできる範囲)行うことが大切」とのお話がありました。

 お弁当を作られているメンバーからも「調理時間の短縮など感染症対策を講じてお弁当を作ってきた。お弁当を届けに行った時に高齢者の笑顔を見ること、そしてメンバーと会えることも楽しみです」とのことでした。

 総元地区地域ぐるみ協議会として、コロナ禍でも何ができるのか模索しながら意欲的に取り組まれています。