認知症は特別な病気ではなく、私たちや家族など身近な方にも起こりうる病気です。「認知症になっても、住み慣れた環境で暮らし続けることができる地域づくり」には、地域全体が認知症に対する関心を高め、正しく理解し合うことが大切です。町では認知症のケア体制の強化を図るために「認知症地域支援推進員」を9月より配置します。

    

        認知症地域支援推進員 関 智子

    (介護支援専門員及び介護福祉士有資格者) 

 

認知症地域支援推進員は、下記の業務を行います。

・認知症の方やその家族への支援を行います。

・町民の皆さまに身近な病気として認知症を理解していただく活動を行います。

・認知症の方やその家族が、認知症状や状況に応じた必要な医療や介護等のサービスが受けらるよう、医療機関等関係機関へのつなぎや連絡調整の支援を行います。

 

認知症に関することでお悩みの方や相談したい方は、認知症地域支援推進員及び地域包括支援センターにご連絡下さい。 

 

配置場所と連絡先

大多喜町地域包括支援センター(大多喜町役場本庁舎 健康福祉課 介護保険係)