平成30年6月18日に大阪府北部を震源とした震度6弱の地震により、小学校のプールのコンクリートブロック塀が倒壊し、通学途中の児童が死亡する痛ましい事案が発生しました。

基準を守らないで造った塀は、地震時に容易に倒れ道路をふさぎ、避難や救助・消火活動の妨げになるばかりではなく、人命を奪うことさえあります。

ブロック塀や石塀の安全性を点検し、災害に備えましょう。

 

災害に強いまちづくりのために

千葉県作成「ブロック塀・石塀の正しい施工方法・点検及び補強方法(パンフレット) [3083KB pdfファイル] 

 

既設のブロック塀の点検について(パンフレットより)

点検項目(外観による点検)

  1. 高すぎませんか
  2. 控え壁はありますか
  3. 基礎があり、また根入れ深さは十分ですか
  4. 擁壁や石積みの上に乗せていませんか
  5. 揺れ、傾斜、亀裂、老朽化がありませんか

点検項目(内部点検)

  1. モルタルの状況:鉄筋が挿入されている空洞部に十分なモルタルがありますか
  2. 鉄筋の状況

既存のブロック塀の点検のチェックポイント

国土交通省作成「ブロック塀の点検のチェックポイント」 [102KB pdfファイル] 

 

 

ライフイベント