スマートフォン決済アプリで町税等の納付ができるようになります。

 令和4年5月1日から、スマートフォン決済アプリ(以下、スマートフォンアプリといいます。)の「請求書支払いサービス」を利用して、納付書に印刷されているバーコードを読み取ることにより、町税等の納付ができるようになります。

 

対象となる町税等

・個人町民税·県民税(普通徴収)

・固定資産税

・軽自動車税(種別割)

・国民健康保険税(普通徴収)

 

納付可能なスマートフォンアプリ

PayPay

 

LINE Pay 

 

 

PayB

 

 

※利用方法の詳細については、各アプリ事業者のホームページ等をご確認ください。

 

納付手順

(1)スマートフォンアプリをインストールし、必要事項を登録します。(納付に必要な金額をチャージします。)

(2)アプリの請求書払いを選択し、納付書に印字されたバーコードを読み取ります。

(3)納付金額を確認し、支払手続きをします。

(4)支払手続きが完了すると、支払完了画面が表示されます。

 

注意事項

〇スマートフォンアプリでの納付は、領収書が発行されません。

 また、納付後に納税証明書を発行できるようになるまで2~3週間程度かかります。

 なお、スマートフォンアプリの支払履歴画面の表示では、納税証明書は発行できません。

 ※領収書が必要な場合や、すぐに納税証明書が必要な場合(車検など)は、金融機関や役場、コンビニエンスストア等の窓口で納付してください。

〇納付手続き完了後は、納付を取り消すことはできません。

〇金融機関やコンビニエンスストア等の窓口では、スマートフォンアプリを呈示する方法での納付はできません。スマートフォンアプリ内の請求書支払いサービスのみ対象となります。

〇下記に該当する場合はスマートフォンアプリでの納付はできませんので(コンビニエンスストアも同じ)、金融機関、役場等での納付をお願いいたします。

 ・納付書1枚あたりの金額が30万円を超えるもの

 ・納付書の金額が訂正されたもの

 ・納付書の納期限、指定期限を経過したもの

 ・納付書にバーコードが印字されていないもの、印字されていても汚損等により読み取りできないもの

  ※スマートフォンアプリでの納付を理由に、納付書(金額)を分割することはできません。

〇決済手数料はかかりません。ただし、データ通信料は利用者負担となります。

〇事前にアプリ内で納付に必要な金額をチャージする必要があります。

〇納付手続き完了後に領収印のない納付書が手元に残りますので、二重に納付されないようにご注意ください。