【令和3年4月任用】大多喜町地域おこし協力隊を募集します(有害鳥獣対策業務)

  

 大多喜町は、首都圏から60km圏内となる房総半島のほぼ中央部に位置し、千葉県の町村で最も広大な面積を有し、森林が総面積の約70%を占める緑に包まれた町です。

 現在、大多喜町では有害鳥獣による農作物の被害が増加し、特産物であるタケノコをはじめ、農作物の生産量が減少傾向にあります。

 この状況を改善するため、大多喜町では猟友会の協力のもと、有害鳥獣を捕獲を推進し、ジビエとして有効活用を図っているところですが、捕獲者の高齢化や後継者不足により、限定的な被害の減少にとどまっている状態です。

 そこで、大多喜町では令和4年度から鳥獣被害対策実施隊を新設し、捕獲と追払い等の充実を目指しておりますが、被害を減らすには被害防止方法等の研究・指導や有害鳥獣の生態を調査し、有害鳥獣用大型檻やICTを活用したワナの普及が不可欠であるため、技術の習得及び研究を目的として、新たに地域おこし協力隊員を募集します。

 

【募集要項・申込書】

 ○【大多喜町】地域おこし協力隊募集要項(有害鳥獣対策).pdf [313KB pdfファイル] 

 ○【大多喜町】地域おこし協力隊申込書(有害鳥獣対策).pdf [148KB pdfファイル] 

 ○【大多喜町】地域おこし協力隊設置要綱.pdf [160KB pdfファイル]  

   

【募集要件】

 募集人数 1名

 

 活動内容       

  協力隊員の活動は、別に定める「大多喜町地域おこし協力隊設置要綱」を基本とし、

 以下の活動に従事していただきます。

  (1) 有害鳥獣の生態や捕獲に関する業務

    (1) 有害鳥獣等の生息状況調査

    (2) 大型檻による有害鳥獣捕獲研究

    (3) ICTを活用したワナの普及活動

    (4) ワナ猟免許の取得

  (2) 有害鳥獣による被害に関する業務

    (1) 被害発生地区住民との情報交換及び被害調査

    (2) 被害防止法等の研究・指導及び各種補助メニューの紹介等

    (3) 鳥獣被害対策実施隊や猟友会等との連絡調整及び協力

  (3) その他、上記活動に付随する有害鳥獣に関すること

  (4) 上記活動に伴う情報発信

 

 募集対象 以下の全ての要件を満たす方

  (1) 生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域など(過疎、山村、離島、半島

     などの条件不利地域に該当しない地域)から大多喜町内へ移し、住民票を異動で

     きる方

    ※地域要件については、総務省の地域おこし協力隊の関連ページで御確認ください。

     https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

  (2) 過疎地域の活性化に意欲があり、地域住民と生活をともにする意志のある方

  (3) 地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方

  (4) 協力隊終了後も本町に定住する意思のある方

  (5) 心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方

  (6) 普通自動車運転免許を取得している方、または取得予定の方

  (7) 日本国籍を有し、次のいずれにも該当しない方

     ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることが

      なくなるまでの者

     ・国、地方公共団体職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を

      経過しない者

     ・日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力

      で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 

 (活動に際して)下記(1)~(3)全ての要件を満たす方

  (1) 活動に際して町の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方

  (2) 土日及び祝日の行事参加や夜間の会議など、不規則な勤務に対応できる方

  (3) パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作及びSNS等を

     活用した情報発信ができる方

   

 勤務地  大多喜町役場

      ※業務内容によっては、勤務地が変更になる場合があります。

   活動地域 大多喜町内

   勤務日数 週5日

 勤務時間 原則午前8時30分から午後4時30分の間の7時間
      (1日7時間勤務、昼休憩1時間)

           ※週35時間を超えない範囲内での勤務を基本とします。

           ※活動内容により、勤務日、勤務時間帯を調整する場合があります。

 

 雇用形態及び期間   

  (1) 大多喜町の会計年度任用職員とします。

  (2) 初年度の任用期間は、令和3年4月1日から令和4年3月31日までです。

       ただし、任用開始時期について協議により調整する場合があります。

       また、次年度からは年度毎に任用することができるものとし、最長3年間

     (令和6年3月31日まで)とします。

  (3) 協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であっても

       その職を解くこ とができるものとします。

 

 報酬     月額 167,548円(賞与あり)

 

 待遇及び福利厚生

  (1) 休暇日で業務に支障がなければ、兼業を認める場合があります。

  (2) 勤務時間中はパソコンと公用車等の備品を貸与します。

  (3) 予算の範囲内で、住居に係る費用を支給します。

  (4) 通勤に係る費用は、大多喜町会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する

     条例に基づいて、支給します。

  (5) 転居に要する費用、水道光熱費の生活費、自治会費等は個人負担となります。

  (6) 社会保険・雇用保険に加入します。

  (7) 公務災害については、地方公務員災害補償法及び千葉県市町村非常勤職員公務

     災害補償等に関する条例の定めるところにより補償します。

 

  【申込手続き】

     申込受付期間 令和3年2月8日から令和3年3月8日まで

                              ※令和3年3月8日必着

                                 郵送で受付けます。なお、提出した書類は返却しません。

  提出書類
   (1)大多喜町地域おこし協力隊申込書(所定の様式に自書してください)
   (2)現住所の住民票(募集開始日以降に取得した住民票とします)
     (3)運転免許証の写し
     (4)他の地域で地域おこし協力隊員として活動経験のある方は、活動
    時期が確認できる書類の写し(委嘱状、解職状の写しなど)

 

  【選考方法】

 (1)第1次選考(書類選考)

    書類選考の上、結果を令和3年3月13日までに応募者全員に文書で通知します。

 

 (2)第2次選考(面接)

     第1次選考合格者を対象に令和3年3月17日に第2次選考試験(面接)を行います。

          詳細については、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。

   (第2次選考試験に要する交通費及び宿泊費等は個人負担)

 

   (3)最終選考結果の報告

          最終結果報告は、令和3年3月24日までに文書で最終選考受験者全員に通知します。

          ※不採用理由についてのお問い合わせにはお答えできませんので御了承ください。

  

  【申込及びお問合せ先】

  千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93番地

  大多喜町役場 企画課 交流促進係

  電話 0470-82-2112

  ファックス 0470-82-4461

  メールアドレス koryu@town.otaki.lg.jp