第1回(令和4年度) 動画コンテスト  

 

【受賞作品】

受賞作 3作品 YouTubeプレイリスト

千葉日報「大多喜の魅力動画でPR  コンテスト入賞作公開」2022年10月21日

 
最優秀賞

魅力の町 大多喜  ~ Attractive Otaki ~

制作: iwapt(東京都) 

込められた想い等: 住んでよし、訪れてよしの大多喜町の魅力を様々な映像シーンで表現しました。羽田からも成田からもアクセスが良いので外国の方にも沢山知ってもらうため英訳もいれました。音楽はオリジナルで自分で作曲しました。

最優秀賞受賞者インタビュー iwapt 2022  広報おおたきNo.652にも掲載されました

メディア掲載 

Cebu Daily News “Japanese songwriter ‘iwapt’ making a name in Cebu” 2022年10月20日

千葉日報「大多喜の魅力動画でPR  コンテスト入賞作公開」2022年10月21日

 

優秀賞 

サイクリストの聖地  大多喜町 

制作: OMOSHIRO(千葉県)

込められた想い等: 房総半島の真ん中に位置する大多喜町はサイクリストの聖地。なぜなら、レトロでカワイイいすみ鉄道、美しい竹林と幻の筍、彩鮮やかな養老渓谷、麻綿原高原とあじさい寺などの大多喜町内の絶景スポットはもちろん、鹿野山九十九谷(君津)、美しい棚田(鴨川)、美しい海岸線(勝浦)、眩い朝日が昇る和泉浦海岸(いすみ)など町外のスポットにも程よいライドでアクセスできるからです。そんなサイクリストにとって魅力的な場所を、一本の動画にまとめてみました。ぜひ、大多喜町を起点として、ロードバイクと田舎暮らしを楽しみにいらしてください。

 

特別賞

大多喜町小さな旅  ~ Encounters ed. 出会い編~

 

制作 DHW 17th 実行委員会(千葉県)

込められた想い等: 今回私たちが制作したのは、都会から観光に来た女性 = 見る人・訪れる人が大多喜町の観光名所を歩く中で地元の人々の温かさに触れ、大多喜町の魅力を発見するというストーリーの動画です。この動画をたくさんの人に見てもらい、「大多喜町に行ってみたい! 暮らしてみたい! 」と思っていただければ幸いです。

 

授賞式

広報おおたきNo.651、最優秀賞受賞者インタビューはNo.651に掲載されました。

最優秀賞受賞者インタビュー iwapt 2022 

 

 

その他 上位作品

受賞作および4&5位  YouTubeプレイリスト

千葉日報「大多喜の魅力動画でPR  コンテスト入賞作公開」2022年10月21日

 
第4位

「歴史」と「自然」につつまれた町

制作  L-D-HS(千葉県) 

込められた想い等:  学生時代を過ごしたまち。誰もが訪れた時、心が休まるまち。それを映像で伝えることができればと思い作成しました。

 

第5位

住んでよし、訪れてよしの大多喜町!  美しい町と自然にいやされて

制作 キキ・ヨーコ(千葉県) 

込められた想い等:   大多喜町に赴き、実際に感じ取ったことを動画にしました。とても美しい城、自然、いすみ鉄道・・・旅の感動を伝え、かつ、何度も見てしまうようないやしの雰囲気でまとめました。

 

 

コンテスト概要 

作品募集ページ 「第2回」の作品を募集中!! ぜひご応募ください。

  

第2回(令和4年度) 動画コンテスト  募集期間 2022.11.1~2023.1.31(必着)

 

第3,4回(令和5年度) 動画コンテスト  募集期間 未定ですが 開催予定です