養老渓谷遊歩道通行規制のお知らせ

更新日:2024年05月08日

養老渓谷遊歩道通行可能区間について(令和6年3月時点)

滝めぐり遊歩道→上流(粟又の滝)側から100m地点で折り返しとなります。下流(小沢又)側からは立ち入り禁止です。

面白峡遊歩道→小沢又側立入禁止です。面白側(岩井原)からは折り返しでの散策が可能です。

中瀬遊歩道→共栄橋側は入口から100m先、弘文洞跡までの折り返しで散策が可能です。観音橋側は入り口から200m先、飛び石までの折り返しで散策が可能です。

また、「粟又の滝」についても、滝周辺の散策のみ可能です。

令和5年台風13号の影響による立ち入り禁止(令和5年9月~)

養老渓谷にある「滝めぐり遊歩道」「面白峡遊歩道」「中瀬遊歩道」は、台風13号の影響により崩落の可能性があるため、安全の確認ができるまで【立ち入り禁止】といたします。

滝めぐり遊歩道倒木に伴う一部通行止め(令和4年11月~)(注意)折り返し地点修正(12月1日)

養老渓谷滝めぐり遊歩道にて倒木がありました。現在、遊歩道は通り抜けができなくなっておりますのでご了承ください。
上流(粟又の滝)側から900メートル、下流(水月寺)側から1,100メートルの地点で折り返しとなります。

復旧情報につきましては、随時ホームページや町公式フェイスブックにて発信いたします。
町公式フェイスブックはこちらから→

令和4年11月30日の状況

倒れた木々でふさがれている遊歩道の写真
斜面から遊歩道をふさぐように木々が倒れている写真
遊歩道の折り返し地点に設置されたバリケードとその先で倒れた木が遊歩道をふさいでいる写真

↑折り返し地点にはこのようにバリケードを設置しております。

中瀬遊歩道通行止め(令和元年9月~)

現在、令和元年度台風15号の影響による、遊歩道沿いの土砂崩れ及び倒木等により、中瀬遊歩道は一部通行できない状況です。復旧の進展があり次第お知らせいたします。

葛藤(くずふじ)駐車場近くの共栄橋(きょうえいばし)側の入り口からは、弘文洞跡まで進むことができます。

市原市観音橋(かんのんばし)側の入り口からは、弘文洞跡まで行くことができませんのでご注意ください。

通行止め区間を示した地図

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課観光係
〒298-0216
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜270-1(観光本陣内)
電話番号:0470-82ー2176
お問い合わせはこちら