滝めぐり遊歩道一部立ち入り禁止(令和6年3月時点 )

更新日:2024年03月29日

上流(粟又の滝)側から100m地点で折り返しとなります。

下流(小沢又)側からは立ち入り禁止です。

太陽の光に照らされている山があり、その山に沿って川が流れている風景写真

紅葉の滝めぐり遊歩道

粟又の滝から岩ツツジで有名な小沢又(こざわまた)「水月寺(すいげつじ)」下流まで養老川沿いに設けられている2キロメートルの遊歩道です。

点在する大小の滝、垂直に迫る断崖、川面を覆うもみじといった景観の中、清流のせせらぎや小鳥のさえずりを聞きながら散策することが出来ます。

川沿いに道があり二人の人が歩いていて色取り取りの木々が川岸まで突き出ている風景写真
川沿いの小道を男性と女性が仲良く歩きその上に紅葉の葉をつけた木がある風景写真

新緑の頃

小さな滝の前で半袖の服を着た親子連れが遊んでいる様子の写真

万代の滝

川の間に小道がありその道を人が歩いていたり座っていたりしている様子の写真

子宝のもみじ

川沿いに道がありその道を何人かの人が太陽の光を浴びながら歩いている様子の写真
穏やかな流れの川に沿って小道があり、川には大きな石がありその周りに木々が生い茂っている景色の写真
千代の滝、万代の滝、子宝のもみじ、昇竜の滝の案内の看板
  • t遊歩道
  • 遊歩道には大小の滝が点在
  • 上流(粟又の滝)から千代の滝、万代の滝、昇龍の滝

交通案内

電車をご利用の場合

  • 東京駅(地下京葉ホーム)から特急わかしお号で約70分大原駅下車、いすみ鉄道に乗り換え約50分終点上総中野駅下車
  • 東京駅から内房線快速約60分五井駅下車、小湊鉄道に乗り換え約70分終点上総中野駅下車
    上総中野駅から養老渓谷(粟又の滝方面)には、探勝バスが運行しています。
    小沢又(こざわまた)地区の「水月寺(すいげつじ)」または「粟又(あわまた)の滝」で下車

お車をご利用の場合

アクアラインご利用の場合

湾岸(アクアライン)経由 木更津東インターチェンジ(R409)より市原市牛久から養老渓谷方面へ
大多喜町小田代(こただい) 老川(おいかわ)十字路まで約35キロメートル、
老川十字路から粟又の滝方面へ約4キロメートル、小沢又(こざわまた)地区の水月寺(すいげつじ)までは約2.4キロメートル

京葉道路ご利用の場合

館山自動車道市原インターチェンジ 経由 市原市牛久から養老渓谷方面へ
大多喜町小田代(こただい) 老川(おいかわ)十字路まで約30キロメートル、老川十字路から粟又の滝方面へ約4キロメートル、小沢又(こざわまた)地区の水月寺(すいげつじ)までは約2.4キロメートル

関連ファイル

養老渓谷紅葉マップは以下のリンクをご覧ください

駐車場

粟又駐車場(町営)

  • 粟又の滝まで徒歩約10分
  • 大型車 3台、普通車 37台

駐車料金

粟又駐車場の駐車料金詳細
使用単位 使用料 備考
大型バス 2,000円 全長12メートル未満
中型バス 1,500円 全長9メートル未満
マイクロバス 1,500円 全長7メートル未満
普通車・軽自動車 500円  

トイレ有り

小沢又駐車場(有料)

  • 遊歩道まで徒歩約15分
  • 普通車70台(大型バス、マイクロバスは駐車出来ません)
  • 簡易トイレ有り

注意事項

滝めぐり遊歩道は、台風13号の影響により崩落の危険性があるため、安全の確認ができるまで【立ち入り禁止】といたします。(令和5年9月~)

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課観光係
〒298-0216
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜270-1(観光本陣内)
電話番号:0470-82ー2176
お問い合わせはこちら